当社が選ばれる6つの理由
天井クレーン 点検・修理
お問い合わせから点検・修理までの流れ
天井クレーン 設計・製造
これまでの実績
対応エリア
求人情報
クレーン講座
作業日:2020年3月

昨今の新型コロナウィルスの流行により、桜の開花を複雑な気持ちで迎えております。流行の早期終息の訪れを願うばかりです。

 

さて、クレーン講座第12回は、定期自主検査についてご説明します。

つり上げ荷重0.5t以上のクレーンは、「クレーン等安全規則」により、日常・月例・年次の各点検が定められています。

 

日常点検(作業前点検)は、その日の作業を開始前に実施する点検です。

日常点検では、以下の部分の点検が、「クレーン等安全規則」より定められています。

1.過巻防止装置、ブレーキ、クラッチ及びコントローラーの機能

2.ランウェイの上及びトロリが横行するレールの状態

3.ワイヤーロープが通っている箇所の状態

 

これらに加えて、ホイストを購入された際に、各メーカーよりホイストに付属の取扱説明書に、機種ごとの日常点検の項目が、記載されておりますので、そちらもご参照ください。

 

月例点検は、1月以内ごとに1回定期に行う点検です。年次点検は、1年以内ごとに1回、定期に行う点検です。

なお、月例・年次点検は、法により点検記録を3年間保存することが義務付けられておりますので、ご注意ください。

 

この月例点検及び、年次点検については、次回以降のクレーン講座で、弊社の事例を交えながら、詳しくご説明します。

  • クレーン講座 第12回 定期自主検査について 画像1
作業日:2020年2月

クレーン講座第11回目は 性能検査の検査当日の流れについてご紹介します。

 

下記は、検査当日の流れです。(※あくまで、一例です、クレーンの設置状況や検査官からの指示により、検査内容は変更されます。)

 

書類検査(検査証、設置届、定期自主点検の点検表など)

当該クレーンの巻上フック、巻上ワイヤー、過巻きリミットスイッチの動作確認。


点検台にクレーンを移動し、クレーン各部の構造(巻上機、サドル、車輪、レールの状態など)及び機能についての点検。

定格荷重に相当する荷を吊り、クレーンのたわみ測定、巻上、横行、走行の動作確認。

 

検査に合格すると、クレーン検査証(写真1)が交付されます。

なお、クレーン検査証の有効期限は2年間ですので、2年後に再び検査を受ける必要があります。

 

次回は、定期自主検査についてご紹介します。

  • クレーン講座 第11回 性能検査について② 検査の当日の流れについて 画像1
作業日:2020年2月

 

新年号初めての年末年始を皆さま、いかがお過ごしになられたでしょうか。

 

さて、クレーン講座第10回は、性能検査について、検査の概要と事前準備についてご紹介します。(なお、該当するクレーンはつり上げ荷重が3t以上のクレーンです。)

 

前回ご紹介した落成検査を受け合格するとクレーン検査証が交付されクレーンが使用できるようになります。

ただし、このクレーン検査証の有効期限は2年間です。よって、有効期限が来る前に検査証の更新が必要となります。

 

この検査証の有効期限を更新するのが、性能検査です。

 

性能検査の申し込みは、クレーン性能検査申請書を所轄労働基準監督署長に提出します。

検査は厚生労働大臣の登録を受けた登録検査機関(クレーン協会や民間の検査会社)が行います。

 

性能検査に受ける事前準備としての一例をご説明します。

 

・クレーンの清掃

クレーンに付着している埃や油等の汚れを取り、亀裂等が無いかを確し易くする清掃作業を行います。クレーンの状態が確認できない程汚れているクレーンは、検査官に指摘されます。

・クレーンの点検整備

クレーン各部の点検(各ブレーキの分解点検、サドル・ガーターの亀裂やボルト点検、電気系統の点検など)を行い、消耗品の交換(巻上ワイヤーロープ、電磁接触器接触器や電源集電子、巻上オイルなど)や不具合を修理して、安全にクレーンが稼働する状態にする為の整備を行います。

・荷重試験の準備

荷重試験を実施するために、定格荷重分のウエイトとそれに対応した玉掛けワイヤー等の玉掛け用具を準備します。

定格荷重分ウエイトが過不足なく必要です。当該するウエイトが無い場合は当社で手配も可能ですのでご相談ください。

検査場所の整理整頓

運転試験における作動範囲の整理整頓を行い、当日検査が安全に出来るように、検査場所の確保を行います。忘れがちなのが点検台への登り口の昇降はしご周辺です。検査官の昇降がスムーズに出来るような状態に整頓しておきます。

・データ測定

定格荷重分のウエイトを事前に吊って、巻上ブレーキの滑りテストや、クレーンガーターのたわみ測定、巻上・横走行の各モーターの電流値などの測定を行いデータ表に記録します。クレーンガーターのたわみ測定は、当日検査官も行います。

・各種書類の準備

 クレーン検査証、定期自主検査の記録(過去2年間分 月例点検表と年次点検表)、設置届などの書類を用意します。検査当日に慌てて探すことが無いように前もって準備しておきます。

 

などの事前準備を行う必要があります。検査当日に向けて万全の準備をしておきましょう。

 

次回は、検査当日の流れについてご紹介します。

  • クレーン講座 第10回 性能検査について① 検査の概要と事前準備について 画像1
作業日:2019年12月

 

クレーン講座第9回目は、 落成検査についてご説明します。今回の説明の対象はつり上げ荷重が3t以上のクレーンが対象となります。

 

さて、設置届を提出し、設置許可が所轄の労働基準監督署から下りましたら、いよいよクレーンの設置工事となり、クレーンが工場に設置されます。しかし、工事が完了してもまだ使用できません。なぜなら落成検査を受けなければならないからです。

 

落成検査とは「クレーンを設置したものは、法第38条第2項の規定により、当該クレーンについて、所轄労働基準監督署長の検査を受けなければならない」とあります。

検査では、クレーンの各部分の構造及び機能についての点検荷重試験などを行います。

 

荷重試験では、クレーンに定格荷重の1.25倍に相当する荷重の荷を吊って、つり上げ、走行、横行等の作動を行います。

 

なお、これらの落成検査を受ける場合には、クレーン落成検査申請書を所轄労働基準監督署長へ工事開始30日前までに提出する必要があります。

 

当社でクレーンを設置の際は、これらの落成検査に必要な書類の作製や手続き、荷重試験に必要なウエイトの手配等のお手伝いしますのでご安心ください。

 

検査に合格すると、所轄労働基準監督署長からクレーン検査証が交付されます。この検査証が交付されて、初めてお客様がクレーンを使用することが出来るようになります。

ただし、このクレーン検査証には有効期限があり、有効期限は2年間となります。

 

この検査証の更新については、次回のブログでご説明します。

  • クレーン講座 第9回 クレーン設置に関する諸手続について ~落成検査~  画像1
作業日:2019年10月

さて、クレーン講座第7回目は、クレーン設置に関する諸手続における 製造許可 についてご紹介します。

 

製造許可とは、クレーン等安全規則によると、「クレーンを製造しようとする者は、その製造しようとする者は、その製造しようとするクレーンについて、あらかじめ、その事業場の所在地を管轄する都道府県労働局長の許可を受けなければならない。ただし、既に当該許可を受けているクレーンと同一であるクレーンについてはこの限りではない。」とあります。

 

要約すると、クレーンを製造する事業所はあらかじめ所轄都道府県労働局長製造許可を受けなければなりません。

なおこの製造許可の対象は、レーン製造業者となります。

 

愛和産業では、つり上げ荷重65tまでの天井クレーンの製造許可を得ており、納入実績がございます。

 

次回は、設置届について、詳しく説明します。

 

 

  • クレーン講座 第7回 クレーン設置に関する諸手続について ~製造許可~  画像1
1 / 3123
愛和産業へのお問い合わせはこちら
天井クレーン・搬送機器のことなら、私たちにご相談下さい
お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
クレーンのお見積もりをご希望の方はこちら
クレーンメンテナンスの申し込みはこちら