当社が選ばれる6つの理由
天井クレーン 点検・修理
お問い合わせから点検・修理までの流れ
天井クレーン 設計・製造
これまでの実績
対応エリア
求人情報
作業日:2015年3月28日

先日、日立産機システム様の「ホイスト・モートルブロック主任技術者」の研修コースに行ってきました。

茨城の日立製作所多賀工場で5日間研修を受けさせていただき、

インバーターホイスト、モートルブロックの分解実習、トラブルシューティング、工場見学等、非常に充実した内容でした。

懇親会や講義のなかで、直接技術者の方と意見交換が出来たのも良かったです。

今回の研修で学んだことを業務に生かし、主任技術者の名に恥じないよう頑張っていきます。

  • 日立ホイスト主任技術者研修 画像1
作業日:2015年4月12日

今回は、明電ホイスト(15t)です。

2年毎との性能検査を受検する前の整備で交換した、シーブです。

ご覧の通り、ワイヤーロープの跡がクッキリ痕がついてますね。これが

条痕という症状です。

この症状が出ると、ワイヤーロープの素線切れを引き起こす原因となります。

この様な症状が見られた場合は、早目な交換をおすすめ致します。

  • シーブの条痕に注意 画像1
  • シーブの条痕に注意 画像2
  • シーブの条痕に注意 画像3
作業日:2014年2月28日

春の長雨も終わり、ようやく春らしい暖かいポカポカ陽気になりました。

 

さて、写真は屋外のクレーンの押しボタンスイッチの内部の写真です。

押釦ケースの下部に水が溜まり、内部のビスが錆びてしまっています。

 

水の溜まりや湿気は内部の錆びや動作不良、水は導体ですので感電や、最悪暴走の危険性もあります。

屋外のクレーンでは水抜きの穴を底に空けたり、ケーブルの挿入部にテープを巻く等、防水や排水の対策が必要です。

 

また定期的な点検で押しボタンスイッチの内部の確認もおすすめします。

  • 屋外クレーンの押しボタンスイッチ 画像1
作業日:2015年2月16日

花粉がもう飛び始めているのか、目がショボショボしている今日この頃です。花粉症持ちの方々はまた辛い季節がやってきますね。

 

さて先日、お客様から、弊社では普段点検を行っていないクレーンの巻上ワイヤロープを取り換えてほしいとの事で、取替のワイヤーを持って現場に向かいました。

ワイヤロープを変えるためにイコライザーシーブ(四本掛けクレーンの固定側)を解体すると、シーブピンの軸穴が、丸穴からおにぎり型になるまで摩耗しておりました。

急きょイコライザーシーブも取り換えさせていただきました。

 

原因は、使用頻度が多すぎる、高温、過荷重等々の理由が重なって、軸穴のグリス切れにより、極度に摩耗したと思われます。

 

イコライザーシーブが「キーキー」音がする様でしたら、軸穴部分にグリスを注入する等処置が必要です。

また、イコライザーシーブ側のワイヤーを引っ張ると「カタカタ」と振動が伝わったり音がする場合は、写真のように軸穴やピンが摩耗している可能性が高いのでシーブ部の確認が必要です。

  • イコライザーシーブ 画像1
  • イコライザーシーブ 画像2
  • イコライザーシーブ 画像3
作業日:2014年2月19日

厳しい寒さが続いている中、梅の花のつぼみも膨らみ、もうすぐ春の足音が聞こえてきそうです。

 

さて、弊社では「ビジネスマナー研修」を数回にわたって行い、マナーの向上を図っております。
その第1回目を先日行いました。第1回目では、敬語の基礎知識について学びました。

 

例えば、「うちの野村が行きましたら、会社へ電話をいただきたい」

といった問題が出題され、

「うちの野村がお伺いいたしましたら、会社へ電話をするようにとお伝えしていただけませんか。」

といった形に正しく直すといった内容でした。

 

他にも様々な問題がありましたが、いざ正しく直そうと思っても「あれ?」と言うことも多々あり、自分の敬語の拙さを実感しました。

 

今回の「ビジネスマナー研修」を通じて自分の敬語のスキルアップを行いたいです。

  • ビジネスマナー研修 画像1
  • ビジネスマナー研修 画像2
愛和産業へのお問い合わせはこちら
天井クレーン・搬送機器のことなら、私たちにご相談下さい
お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
クレーンのお見積もりをご希望の方はこちら
クレーンメンテナンスの申し込みはこちら