当社が選ばれる6つの理由
天井クレーン 点検・修理
お問い合わせから点検・修理までの流れ
天井クレーン 設計・製造
これまでの実績
対応エリア
求人情報
作業日:2020年3月

先日、点検で走行モーターの異音を発見し、お客様にご報告させて頂いたところ、お客様から走行モーターのオーバーホールのご依頼をいただきました。

社内でオーバーホールしたところ、モーターのロータ部分のベアリングのシールが破損している状態でした。またオーバーホールしたことにより、減速機内部のベアリングの転がり状態の不具合も発見しましたので、合わせてベアリングのお取替えさせて頂きました。

オーバーホールでは、外観点検では、把握しにくい減速機内部の不具合発見や、取替に分解作業が必要な部品の取替修理実施できますので、異音発生時は、オーバーホールの実施をお勧めします。

 

  • 走行モーターの異音 画像1
  • 走行モーターの異音 画像2
作業日:2020年3月

昨今の新型コロナウィルスの流行により、桜の開花を複雑な気持ちで迎えております。流行の早期終息の訪れを願うばかりです。

 

さて、クレーン講座第12回は、定期自主検査についてご説明します。

つり上げ荷重0.5t以上のクレーンは、「クレーン等安全規則」により、日常・月例・年次の各点検が定められています。

 

日常点検(作業前点検)は、その日の作業を開始前に実施する点検です。

日常点検では、以下の部分の点検が、「クレーン等安全規則」より定められています。

1.過巻防止装置、ブレーキ、クラッチ及びコントローラーの機能

2.ランウェイの上及びトロリが横行するレールの状態

3.ワイヤーロープが通っている箇所の状態

 

これらに加えて、ホイストを購入された際に、各メーカーよりホイストに付属の取扱説明書に、機種ごとの日常点検の項目が、記載されておりますので、そちらもご参照ください。

 

月例点検は、1月以内ごとに1回定期に行う点検です。年次点検は、1年以内ごとに1回、定期に行う点検です。

なお、月例・年次点検は、法により点検記録を3年間保存することが義務付けられておりますので、ご注意ください。

 

この月例点検及び、年次点検については、次回以降のクレーン講座で、弊社の事例を交えながら、詳しくご説明します。

  • クレーン講座 第12回 定期自主検査について 画像1
作業日:2020年3月

最近は新型コロナウイルスやインフルエンザ、花粉症などが流行っていますので、皆さま体調には特にお気を付けください。

 

さて先日、社員同士で高鷲スノーパークまでスキーに行ってきました。

毎年スキーには行っていますが、今年は記録的な暖冬が続いていることもあり、通年に比べ雪が積もっていませんでした。

雪が少なく、空いていないコースもあったのですが、春休みということもあり思いの外たくさんの人で賑わっていました。

 

雪は少なかったですが、時期的にスキー納めとなるので思いっきり楽しんできました。

夏にはまた登山に行くので、そのための良いオフトレにもなりました。

逆に登山はスキーのオフトレになるので、来年は雪がもっとたくさん降ることを願って、次は登山を楽しみたいと思います。

  • スキーに行ってきました 画像1
作業日:2020年2月

写真は、ホイストの更新工事の様子です。

 

今回の大きな特徴として、お客様先の設置クレーンが、ガーターボックスの構造上の都合により、ホイストの横行トロリー幅が特殊となっていた事でした。

 

そこで、ホイストメーカーの三菱電機FA産業機器(株)様にお願いして、特殊な幅に合わせたホイストを、特注で製作して頂くことによって、無事にホイストの更新工事を終えることができました。

 

今回は懸垂型のホイストですが、他にダブルレール型のホイストの更新工事でレールゲージが、特殊だった為、今回のように特殊品で対応した事例もございますので、ホイストの更新で不安が有りましたら、弊社にご相談ください。

 

 

  • 特殊な横行トロリー幅のホイスト更新工事 画像1
  • 特殊な横行トロリー幅のホイスト更新工事 画像2
作業日:2020年2月

クレーン講座第11回目は 性能検査の検査当日の流れについてご紹介します。

 

下記は、検査当日の流れです。(※あくまで、一例です、クレーンの設置状況や検査官からの指示により、検査内容は変更されます。)

 

書類検査(検査証、設置届、定期自主点検の点検表など)

当該クレーンの巻上フック、巻上ワイヤー、過巻きリミットスイッチの動作確認。


点検台にクレーンを移動し、クレーン各部の構造(巻上機、サドル、車輪、レールの状態など)及び機能についての点検。

定格荷重に相当する荷を吊り、クレーンのたわみ測定、巻上、横行、走行の動作確認。

 

検査に合格すると、クレーン検査証(写真1)が交付されます。

なお、クレーン検査証の有効期限は2年間ですので、2年後に再び検査を受ける必要があります。

 

次回は、定期自主検査についてご紹介します。

  • クレーン講座 第11回 性能検査について② 検査の当日の流れについて 画像1
2 / 2712345...1020...最後 »
愛和産業へのお問い合わせはこちら
天井クレーン・搬送機器のことなら、私たちにご相談下さい
お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
クレーンのお見積もりをご希望の方はこちら
クレーンメンテナンスの申し込みはこちら