当社が選ばれる6つの理由
天井クレーン 点検・修理
お問い合わせから点検・修理までの流れ
天井クレーン 設計・製造
これまでの実績
対応エリア
求人情報
作業日:2017年3月

春なのに気温があまり上がらず、寒い日が続いています。

早く暖かくなって、桜の開花が始まらないかなと待ち遠しく思う、今日この頃です。

 

さて写真は、日立ホイストの巻上モーターです。

前回、当ブログで電磁接触器の接点異常により、モーターが単相運転になった事例をご紹介しましたが、

今回、電磁接触器の接点異常による、単相運転が原因で焼損したモーターを撮影できましたのでご紹介します。

 

モーターの焼損とは、モーター内部(ステーター側)の巻線が、絶縁不良を起こすことです。

三相誘導モーターの場合、単相運転になると、回転磁界が発生せずモーターが回転しません。回転しないと逆起電力が発生せずに過電流となります。

過電流が続きますと、モーターの巻線に多くの電流が流れ、異常発熱します。

巻線に施されたエナメル等の絶縁膜が熱で溶けます。(異臭を放ちます。)

結果、巻線が絶縁不良となり、モーターが回転できなくなる状態をいいます。(発煙や最悪発火の恐れもあります。)

 

写真2枚目(正常品)と写真3枚目(焼損品)を見比べていただくと判るように、正常品(写真2枚目)では、巻線の絶縁膜(琥珀色)がしっかりコーティングされていますが、焼損品では、絶縁膜が黒く焼け焦げています。

 

モーターの焼損となりますと、重いモーターの取り外しや巻線のまき直しなど、時間や労力、修理費用も非常にかかります。

 

単相運転によるモーターの焼損を起こさないために、定期的な電磁接触器の点検は欠かせません。(他にも集電子や電源ケーブル等など確認も必要です。)

また日常点検でモーターの異音や異常発熱、回転不良等の異常を発見した場合は、すぐに専門業者による異常確認、修理を行ってください。

  • 巻上モーターが焼ける 画像1
  • 巻上モーターが焼ける 画像2
  • 巻上モーターが焼ける 画像3
作業日:2016年3月

日々、花粉症で苦しんでいる今日この頃です。みなさまは、花粉症で苦しんではいないでしょうか。

 

さて、写真は明電ホイストの巻上用の電磁接触器です。巻下が動かないとの事で調べたところ、3相のうちの1相、接点が欠かけていました。

過度なインチング操作によるスパークや繰り返されるモーターの起動(通常運転時の電流値よりモーターの動き始めは、電流値が高い)によって発生した熱の影響で、接点部が溶け落ちモーターが単相運転になり、巻下が動かなかったと思われます。

単相のままモーターを動かそうとし続けると、モーター焼損の原因にもなります。今回は処置が早かったため焼損は防ぐことができました。

 

必要以上なインチング操作は、電磁接触器の損耗など、クレーン全体に悪影響を及ぼす恐れがありますので控えましょう。また定期的な電磁接触器の点検をしましょう。

  • 電磁接触器、接点が欠損 画像1
  • 電磁接触器、接点が欠損 画像2
  • 電磁接触器、接点が欠損 画像3
作業日:2017年3月

3月の年度末の時期を迎え、新たな年度に向かって、皆様お忙しい日々を過ごされてはいないでしょうか。

 

さて今回は、チェーンブロック(モートルブロック)のフックが降りてこないという事例です。

先日、普段点検を行われていないお客様から、「下げを押してもフックが降りてこずに、途中で止まる」というご連絡をいただきました。

 

さっそく、お伺いし不具合調査をしたところ、写真1枚目の様に、チェーンが絡まっていました。

絡まったチェーンが下限のリミットのバネを押し上げ、通常の下限が効いた状態と同じ状況になっていました。

 

チェーンが絡まった理由としては、チェーンに油カスや鉄粉、ほこりが付着し固着したと思われます。

またチェーンバケット内にゴミが溜まっていました。(写真2枚目)

 

今回は、下限が効いただけで済みましたが、絡まり具合によってはリミットバネの破損や、本体の破損、最悪チェーンの破断による吊荷の落下にもつながります。

この様な不具合を防ぐために、巻上チェーンの定期的な点検、清掃、清掃後の給油を行ってください。

  • チェーンブロックのフックが降りてこない 画像1
  • チェーンブロックのフックが降りてこない 画像2
作業日:2017年2月

写真は、キトーチェーンブロックの巻上速度切替用(ポールチェンジ 高速低速の2速)の電磁接触器です。

 

先日、お客様からチェーンブロックの速度が切り替わらない(高速が入らない)とご連絡があり、調査しました。

 

配電盤内をチェックしたところ、巻上速度切替用の電磁接触器が可動しない状況でした。

写真2枚目のようにドライバーの先で押してみても、途中で引っ掛かり、奥まで押し込むことができません。

よって、高低速度の切替ができなかった様です。

(この電磁接触器の場合は可動すると、低速の接点が離れ、高速の接点が接触します。)

 

今回は、電磁接触器の取替えで復旧しました。

 

当該品を会社に持ち帰り、分解調査(写真3枚目)したところ、写真4枚目の様に、内部の可動用の吸引コイルが異常に膨張しており、膨張したコイルが邪魔で奥まで入らなかったと思われます。(写真5枚目の正常品と比べるとよくわかります。)

 

電磁接触器は可動することの多い消耗品ですので、定期的な交換をお願いします。

 

  • チェーンブロック 巻上速度が切り替わらない 画像1
  • チェーンブロック 巻上速度が切り替わらない 画像2
  • チェーンブロック 巻上速度が切り替わらない 画像3
  • チェーンブロック 巻上速度が切り替わらない 画像4
  • チェーンブロック 巻上速度が切り替わらない 画像5
作業日:2017年2月

寒さも次第にやわらぎ、日暮れも遅くなり、春の足音が聞こえ始めた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は、花粉が飛び始めたのか、近頃目のかゆみを感じております。

 

さて、先日普段点検を行っていないクレーンで、お客様から「クレーンの走行が動かない、何か部品も落ちてきた。」との事で駆けつけたところ、

走行車輪(写真1枚目)の車軸受け用のベアリングが破損していました。上から落ちてきたのは、ベアリング内部の玉でした。ベアリングに密封されている潤滑油が切れて、摩擦により破損したと思われます。

また、モーターピニオン(モーターの出力を伝える歯車)が写真3枚目の様に著しい摩耗が見られ、さらに駆動車輪の歯車も摩耗しており(写真4枚目、5枚目と比較すると摩耗具合がお判りになると思います。)、歯車が噛みあわず空転していました。

以上のことが、走行が動かなかった原因です。

 

お客様が、走行時に異音がしている(おそらくベアリングの異音と思われます。)のを把握されていらっしゃいましたので、その段階でご連絡いただければ部品の落下は避けられたかと思われます。

 

使っていて普段と違う音や振動を感じられたときは、早目の専門業者の点検をお勧めします。

  • 走行車輪のベアリング破損 画像1
  • 走行車輪のベアリング破損 画像2
  • 走行車輪のベアリング破損 画像3
  • 走行車輪のベアリング破損 画像4
  • 走行車輪のベアリング破損 画像5
愛和産業へのお問い合わせはこちら
天井クレーン・搬送機器のことなら、私たちにご相談下さい
お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
クレーンのお見積もりをご希望の方はこちら
クレーンメンテナンスの申し込みはこちら