当社が選ばれる6つの理由
天井クレーン 点検・修理
お問い合わせから点検・修理までの流れ
天井クレーン 設計・製造
これまでの実績
対応エリア
求人情報
作業日:2019年4月

だんだんと気温も暖かくなり、桜も散っていく今日この頃。皆様、お花見などは楽しめましたでしょうか。

 

さて、写真は社内にて明電の15tホイストのオーバーホールを行った時の写真です。

 

先日、点検時にホイストからオイルが漏れていることを発見し調査したところ、ドラムからオイルが漏れているのを確認しました。

2ヶ所のオイルシールが劣化したため、ホイストの減速機からドラム部分にオイルが流れてきてしまっていた事が原因の様です。

 

このオイルシールを交換するにはホイストを全分解する必要があり、クレーンからホイストを降ろし社内に持ち帰り作業を行いました。

そしてオーバーホールをするにあたり、前々から不具合となっていたドラムの条痕もあったので一緒に交換修理をしました。

オイルシール、ドラム、ベアリングを新品に交換し、不具合を無くすことができました。

また、ホイストの各部品を全て清掃し新品同様になり、これでお客様に安心して使っていただける様になりました。

  • 明電15tホイストオーバーホール 画像1
  • 明電15tホイストオーバーホール 画像2
  • 明電15tホイストオーバーホール 画像3
  • 明電15tホイストオーバーホール 画像4
作業日:2019年4月

新年度が始まりました。先日、次の年号は「令和」と発表され、新たな時代を迎えるのを、心待ちにしております。

 

さて当ブログは、主に稲沢事業部の修理事例や会社行事を中心に更新してきましたが、

4月から新たに、大府工場や神奈川営業所の話題も取り上げ、クレーンの製作風景や、関東地域のクレーンに関する話題が入りましたら、当ブログに掲載していきたいと思います。

また、クレーンの法令(規格や資格)に関する話題等もご紹介できたらと思います。

 

話題盛りだくさんの当ブログを、本年度もよろしくお願いします。

  • 新年度のスタート 画像1
作業日:2019年2月

寒い日が続く中、皆様体調を崩されてはいないでしょうか。特にインフルエンザに感染しないように、お気を付け下さい。

 

さて写真は、クレーンの旋回フック用(モーターによりフックが自動で左右に旋回します。)のキャブタイヤケーブル(以下CTケーブル)です。

CTケーブルが、ケーブルリールによって巻き取られており、フック巻上下げとともに、CTケーブルも巻上下げする仕組みとなっています。

 

 

先日、巻上フックが時々旋回しないとの連絡を、お客様(年次点検と法廷検査のみ実施)からいただき、弊社の電気設計部が調査したところ、ケーブルリールに巻かれているCTケーブルで、異常を発見しました。

導体の素線が断線して外に飛び出していたのですが、なんと中の絶縁被覆を突き破っただけでなく、外側のシースの層まで突き破っていました。(写真参照)

この外に飛び出した素線は、左右それぞれの回転限界のリミット用信号線(フックが、左右それぞれ既定の位置において、それ以上回転しない様に停止する)です。この飛び出した素線同士が接触(混色)したために、左回転停止と右回転停止の信号が同時に2つ同時にシーケンサへ出力されてしまい、左右どちらにも回転できない状態となってしまった様です。

今回は、テーピング等の応急処置を施し、CTケーブルの交換を今後予定しております。

 

ケーブルリールに巻き取られるCTケーブルには、常に曲げ伸ばしの負荷がかかり、断線のリスクが高まりますので、重点的に点検を行う必要があります。

  • クレーンの旋回フック ケーブル混触 画像1
  • クレーンの旋回フック ケーブル混触 画像2
作業日:2019年1月

本年初めてのブログ更新となります。本年もよろしくお願いします。

さて、写真はチェンブロックの巻上チェーンです。

 

先日、弊社で点検を行っていないお客様から、荷重を吊った状態で巻き上げた時、「ギャー」と異音がするとの連絡があり、現場に急行しました。

 

該当チェーンブロックの各部を点検したところ、巻上チェーンが非常に摩耗している事をチェーンゲージで確認しました。(写真1枚目)

 

巻上チェーン同士の当たり面が非常に摩耗しており(写真2枚目)、直径10mmのチェーンが、摩耗限界9mm(メーカー基準)を超える数値の摩耗でした。

 

巻上チェーンの摩耗が進むと、チェーンの破断による吊荷墜落のリスクはもちろんの事、

チェーン同士が食い込み、チェーンブロック本体内のスプロケットにうまく巻き取られずに、チェーンが本体内部で引掛ったり、本体のチェーンの入り口にチェーン突き当たるといった現象が起こり、最悪本体が破損するリスクもあります。

今回の異音はチェーンが引掛った時の音かと思われます。

 

今回の処置としては、チェーンの取り換え及び、本体のフレームの点検を行いました。幸い今回は本体のフレームは無事でした。

 

巻上チェーンは、チェンブロックを安心してお使い頂くための生命線であり、チェーン破断による吊荷や本体破損による破片の落下は、クレーン作業時の労働災害につながりますので、こまめな点検、メンテナンスが必要です。

 

チェーンブロックをお使い中に、異音が発生した場合は使用を止め、早急に弊社にご連絡ください。

  • チェーンブロック、巻上時に異音がする 画像1
  • チェーンブロック、巻上時に異音がする 画像2
作業日:2018年12月

今年も残りわずかとなりました。本年中皆様には大変お世話になりました。御礼申し上げます。皆様良いお年をお迎えください。

 

さて写真は、走行電源用の集電ポールです。トロリー線との接触部の異常摩耗し、溝も削れてガイド部まで削っています。

当社が普段点検を行っていないお客様より、クレーンが時々走行や巻上が唸るような音がして動作しないので調べて欲しいとのご連絡があり、現場へ急行したところ、写真の様な状態でした。

 

集電ポールが摩耗した状態でクレーンの走行を行うと、トロリー線と集電ポールが接触せずに通電不良を起こします。

今回の不具合は、通電不良により3相電源が供給されなかった結果、単相運転となり巻上モーターや走行モーターが動作しなかった様です。

 

定期的に集電部の点検を行い、集電ポールの摩耗を発見時は、集電ポールの取替修理を行ってください。

 

また、走行時に集電ポール付近で異常なアークがでた時や、モーターが唸りを上げて動作しない時は、すぐに使用を止め、集電部の確認を行ってください。

 

写真

  • クレーンが動かない 画像1
10 / 28« 先頭...89101112...20...最後 »
愛和産業へのお問い合わせはこちら
天井クレーン・搬送機器のことなら、私たちにご相談下さい
お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
クレーンのお見積もりをご希望の方はこちら
クレーンメンテナンスの申し込みはこちら