当社が選ばれる6つの理由
天井クレーン 点検・修理
お問い合わせから点検・修理までの流れ
天井クレーン 設計・製造
これまでの実績
対応エリア
求人情報
メンテナンス・修理
作業日:2017年9月

クレーンを使用中、ある一定の場所に来るとスムーズに動かない、あるいは動きがすべて止まってしまう等の症状はございませんでしょうか。

その場合、可能性の一つとして、電源用のトロリーの汚れがあります。

 

皆様のクレーンの電源はどのような形で集電されているでしょうか。

 

裸のトロリー線から集電ポールで集電するタイプ(写真1)

絶縁被覆で覆われたトロリーから集電アームで集電するタイプ(写真2)

他にはダクトトロリータイプ(写真3)などがあります。

 

これらの集電方法の場合、トロリー線の導体部分が錆びていたり、機械油の付着など、汚れにより通電不良の場合が考えられます。

特に注意が必要なのが、工場のレイアウトが変更され、普段あまり使わない位置で新たにクレーンを使用することになった場合です。普段からポールや集電アームが通過していないことで錆びが発生したり、汚れが溜まっていることがあるのです。

その場合、錆びや汚れを、ペーパーやすりやクリーナー(絶縁トロリーやダクトトロリーの場合専用の清掃道具があります。)などで除去し、通電を良くすることでクレーンの動きを改善します。

また、油気が多い、蒸気が多く発生する、粉じんが多い工場環境の場合は、上記の汚れが通電不良の原因となり、クレーンの動きが止まってしまう恐れがありますので、トロリー清掃を定期的に行うことが望ましいです。

 

トロリーの清掃は、感電や高所作業等の危険な作業です。専門知識のある業者に依頼することを推奨します。

 

  • クレーンの電源用トロリー線 画像1
  • クレーンの電源用トロリー線 画像2
  • クレーンの電源用トロリー線 画像3
作業日:2017年9月

先日、休日に川沿いを散歩中に、彼岸花が咲いているのを見つけ、小さな秋の季節を感じました。皆様も、小さな秋を見つけられたでしょうか。

 

さて写真は、ホイストの巻上下などに使用されていた不具合のある電磁接触器です。

 

1枚目は、接点が激しく溶け、摩耗している状態の巻上用電磁接触器です。

2枚目は、写真が見にくいですが、可動側接点が欠落している巻上用電磁接触器です。

3枚目は、固定側接点の位置がズレて、(左側接点が正しい位置)可動側との接触面積が少なくなっている巻上用電磁接触器です。

4、5枚目は、電磁接触器を吸引させるコイルが通電していない状態にも関わらず、可動側と固定側の接点同士がくっ付いた状態のまま(溶着)してしまっている電源の入切用電磁接触器です。電源が入りっぱなしになっていました。

 

全て、定期点検で発見した不具合のある電磁接触器です。幸い定期点検で発見でき、単相運転によるモーター焼損やクレーンの暴走など、二次的な不具合を未然に防ぐことが出来ました。

どれも定期点検の重要性を認識させられる不具合でした。

 

電磁接触器の不具合は、モーター焼損やクレーンの暴走等につながります。

クレーンの重要な点検項目の一つですので、定期的な点検を行う必要があります。

 

 

  • 電磁接触器の不具合 画像1
  • 電磁接触器の不具合 画像2
  • 電磁接触器の不具合 画像3
  • 電磁接触器の不具合 画像4
  • 電磁接触器の不具合 画像5
作業日:2017年8月

長かった夏も終わりに近づき、秋の気配がしてきました。

海水浴、花火に夏祭り、アウトドアなど、夏のレジャーで思い出をご家族と作られた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

さて今回は、明電舎製の走行ギヤードモーターのブレーキ部分の不具合事例です。

写真1枚目は、手前が正常品、奥が今回の不具合品です。正常品にはブレーキラインニングが張り付けられていますが、不具合品はライニングがすべて削り取られてしまい、さらにライニングが貼り付けてあった鉄板までも削ってしまっています。

なぜこの様な状態になったのでしょうか。次の2枚目の写真から原因を説明します。

 

写真2枚目は、カドウコア(ブレーキ解放時にブレーキコイルに磁力で吸い寄せられる機能と、制動時にブレーキライニングと接触し摩擦で制動する機能を兼ねたデイスク)です。

本製品のカドウコアは、写真左側の様に2枚のディスクを溶接で張り合わせた状態が正常なのですが、右の不具合品は ” 張り合わせの溶接 ” が破断しています。

 

走行ブレーキは、本来写真3枚目の様に(写真のバネは本製品の物ではありませんイメージ用です。)、解放時はブレーキコイルにカドウコアが吸引されます。制動時はバネによってカドウコアをライニングに押さえ付け摩擦によって制動します。この時、溶接で張り合わせた2枚のディスクは一緒に動きます。

ところが、カドウコアの張り合わせの溶接が破断しますと、2枚のディスクはそれぞれ異なる動きをし、解放時コイル側のデイスクのみが吸引され、(分離した2枚を一緒に吸引する磁力は無かった)一方ライニング側のディスクは、コイル側ディスクの穴を通過したバネによって、そのままライニングに抑え付けられてしまいます。

つまり、ブレーキが効いた状態でモーターを回転させた状態と同じ状況となり、その時の異常な摩擦力でライニングを削ってしまった様です。

 

今回は幸い、定期点検時に前回点検時とは異なる動きや異音を認識し、ブレーキカーバーを開けたところ中から大量のブレーキ粉が出てきたため、分解点検を行ったことで異常を発見し早期に対応できましたが、このまま使い続けていたら最悪モーター焼損という事態も考えられました。

 

定期的な点検の重要性を再認識した事例でした。

 

 

 

 

 

  • 走行ブレーキのライニングの異常摩耗 画像1
  • 走行ブレーキのライニングの異常摩耗 画像2
  • 走行ブレーキのライニングの異常摩耗 画像3
  • 走行ブレーキのライニングの異常摩耗 画像4
作業日:2017年8月

写真は、三菱ホイスト(微速付)巻上ブレーキ(高速側)の圧力板とブレーキ板です。

巻上ブレーキが解放しないとの事で、巻上ブレーキを分解したところ、写真のように圧力板とブレーキ板が異常摩耗していました。

 

ブレーキ板(写真1枚目)は、写真右側の新品と比較すると、板に張り付けてあるライニングがすべて摩耗して、段差が無くなっています。(写真3枚目)

圧力板(写真4枚目)は、ブレーキ板のライニングとの接触面に、大きな段差(写真5枚目)ができています。(新品時は平面)

ブレーキ板、圧力板ともに摩耗の限界値を大きく超えた状態でした。

 

両者が異常摩耗し、ブレーキギャップが大きく広がり、正常なブレーキギャップが出ず、ブレーキコイルに圧力版が吸引しないことで、巻上ブレーキが解放しなかったと思われます。

 

このタイプのブレーキは、密閉式で分解点検を行わないと、中の状態が確認出来ません。

年次点検等で定期的にブレーキ分解点検を行い、また巻上ブレーキが解放しない、吊荷が大きくすべった等の異常があった時は、必ず分解点検を行って下さい。

  • 巻上ブレーキが解放しない。 画像1
  • 巻上ブレーキが解放しない。 画像2
  • 巻上ブレーキが解放しない。 画像3
  • 巻上ブレーキが解放しない。 画像4
  • 巻上ブレーキが解放しない。 画像5
作業日:2017年7月

梅雨も明け、いよいよ本格的な夏がやってきました。花火に夏祭り、海水浴など夏のレジャーを満喫されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

さて写真は、巻上のドラム(ワイヤーロープを巻き取る部分)です。すこし暗い写真ですが、ドラムの溝にクッキリとワイヤーロープの跡(条痕)が残っています。

さらには、ドラムの溝の山も削っており、ノコギリの歯のようになっております。

 

地切り時における吊荷の斜め引きや、荷振させた状態でワイヤーロープを巻き取った事が、ドラムに条痕が付いた原因かと思われます。

 

さらにこのようなドラムの状態で使用し続けると、ノコギリの様になったドラムの山でワイヤーを削ってしまい、ワイヤーロープの素線切れにつながります。

 

斜め引きや、荷ぶれした状態でのクレーンの運転は止めましょう。

  • ホイスト、巻上ドラムの条痕 画像1
愛和産業へのお問い合わせはこちら
天井クレーン・搬送機器のことなら、私たちにご相談下さい
お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
クレーンのお見積もりをご希望の方はこちら
クレーンメンテナンスの申し込みはこちら