当社が選ばれる6つの理由
天井クレーン 点検・修理
お問い合わせから点検・修理までの流れ
天井クレーン 設計・製造
これまでの実績
対応エリア
求人情報
社内行事
作業日:2021年7月

今年も弊社では、安全大会を行いました。
 
安全大会を行うにあたり、部屋へ入室する際には、マスク着用、手の消毒、席の間隔を空ける等の感染症対策を徹底して開催されました。
 
今年は、大府工場と平塚工場とリモートをつなぎ開催されました。
昨年度は、まだあまりリモート環境が整っていませんでしたが、今年度に入り活動発表会や今回の安全大会など、リモートではありますが、従業員全員で行うことができるようになり、時代の進化を感じました。
 
今年も各工場での感染症対策や熱中症対策などの発表、ヒヤリハットや災害事例の共有を行いました。
また、愛和産業の安全基準を定めた冊子や熱中症に関する冊子の配布もありました。
最後は安全唱和を行い、改めて安全に気を付けていこうと思いました。
 
今回、リモートをつなぎ安全大会を行えたことは良かったのですが、やはり聞こえ辛かったり、時差やズレを感じることもあったので、早く皆が集まって、全員揃って安全唱和を行えるようになるといいなと思いました。

  • 安全大会2021 画像1
作業日:2021年4月

4月に入り新年度が始まりました。
愛和産業は54期に入りました。
 
4月1日には、安全祈願を愛和産業本社で行いました。
国府宮神社から神主さんに来て頂き祈祷して頂きました。
毎年本社に愛和産業の社員が全員集まるのですが、今年はコロナということもあり本社の人だけで行いました。
 
安全祈願の後は、1年間の各部門ごとの活動発表会がありました。
本社、大府、平塚のそれぞれの会議室をリモートでつなげ、出来るだけ密を避けて行われました。
 
昨年はコロナの影響で安全祈願もごく少数の人数で行い、発表会は中止となっていました。
ですが、今年は安全祈願などを行うことができ、より一層、体調や安全に気を付けていこうと思いました。

  • 新年度が始まりました 画像1
作業日:2020年6月

今年も弊社では、安全大会を行いました。

安全大会を行うにあたり、全員のマスク着用、入室時の消毒、席の間隔を空ける等の感染症対策を徹底して開催されました。

 

最初に社長から、安全衛生基本方針として「重点6項目による災害の撲滅」「ヒヤリハットの共有」「心身の健康維持増進」の3つが発表されました。

その後に、愛和産業の各事業所で行っている熱中症対策の紹介や、熱中症についてののDVDを視聴しました。

クレーンの点検は高所作業になるので、もちろん墜落などの危険もありますが、夏場はクレーンの上に熱がこもり、かなりの高温になるので熱中症対策にも力を入れています。

 

そして、今年はフルハーネスの愛和産業ガイドライン発表や試着実演も行われました。

安全大会の終わりには、フルハーネスが全員に配布されました。

 

熱中症対策や、フルハーネス使用のガイドラインを守り、より一層安全な作業を心がけていきたいです。

  • 安全大会 画像1
作業日:2019年11月

二日目の最初は、若鶴酒造に行きました。

そこでは、若鶴大正蔵という日本酒の酒蔵と、三郎丸蒸留所というウイスキーの蒸留所が同時に見学できました。

酒造が蒸留所を運営しているのは日本でも3箇所しかなく、その内の1つです。

貯蔵庫ではウイスキー樽と日本酒の樽が置いてあり、珍しい光景を見ることができました。

また、三郎丸蒸留所では世界初となる銅とスズの合金の鋳造製の蒸留器(写真二枚目左)を使っていました。

この、世界初の蒸留器には「ZEMON」と名づけられており、いつかZEMONで蒸留したウイスキーを飲んでみたいと思いました。

 

次は国宝である瑞龍寺と、高岡大仏の見学をしました。

瑞龍寺は建立したのが1614年と古いのですが、とても高い技術力で建てらているとガイドの人に教えてもらいました。

お寺は外から見ても迫力があったのですが、中に入ると建築に様々な工夫や技術力を見ることができ、感動しました。

また、高岡大仏は顔が物凄くイケメンの大仏と教えてもらいましたが、あまりわかりませんでした…。

 

二日間で色々な観光地を周りましたが、日本酒もウイスキーも好きな私個人的には、若鶴酒造が一番楽しかったです。

若鶴酒造にはプライベートでも行きたいと思いました。

来年の慰安旅行ははどこに行けるか楽しみです。

  • 慰安旅行2019 ~2日目~ 画像1
  • 慰安旅行2019 ~2日目~ 画像2
  • 慰安旅行2019 ~2日目~ 画像3
  • 慰安旅行2019 ~2日目~ 画像4
  • 慰安旅行2019 ~2日目~ 画像5
作業日:2019年10月

今年の慰安旅行は1泊2日で富山に行ってきました!

1日目は会社からバスで出発し、3時間程で富山に着きました。

バスの中ではお酒を飲んだりゲームをしたり、楽しく過ごすことができたのであっという間に感じました。

富山に着いてからは、五万石という和食屋さんに行き、富山の料理と富山の地酒を堪能することもできました。

 

昼食を取った後は、廣貫堂という薬の資料館を見学しました。

お土産コーナーには二日酔いの薬などもあり、昼に飲みすぎた人などは買い求めていました。

そこからバスで移動し、瑞泉寺と八日町通りを散策しました。

八日町通りでは、木彫りの彫刻が有名なので、沢山の彫刻が展示されており、その細かさや迫力に感動しました。

 

そして庄川温泉郷の三楽園という宿に到着しました。

夜の宴会では、毎年恒例のビンゴゲームなども行い、社員の親睦を深めることができました。

今年は、辛そうな謎のソースと富山名物の白エビのあられを獲得しました。

 

バスの中や宴会の時など、違う事業所の人はもちろん、普段一緒に飲まない人ともお酒を飲める機会なので、色々な人とお話もできて楽しい一日を過ごすことができました。

  • 慰安旅行2019 ~1日目~ 画像1
  • 慰安旅行2019 ~1日目~ 画像3
  • 慰安旅行2019 ~1日目~ 画像4
  • 慰安旅行2019 ~1日目~ 画像5
1 / 41234
愛和産業へのお問い合わせはこちら
天井クレーン・搬送機器のことなら、私たちにご相談下さい
お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
クレーンのお見積もりをご希望の方はこちら
クレーンメンテナンスの申し込みはこちら